古甲州道

 律令体制において、中央と地方の国府を結ぶ道が整備された道筋を官道という。古甲州道は、武蔵府中と甲斐府中を結ぶ官道で大菩薩峠を越えた道でした。古冨士道は、秩父と富士山を結んだ信仰の道で、古甲州道とは小菅にて交わっていました。

 古道は、当初は、現在の正丸峠を越え、小菅川の左岸の道筋が主に歩かれるようになってからは、現在の大菩薩峠を越えたと推定される。

 小菅から大菩薩峠を目指し長い牛の寝通り尾根を歩いていると、クロモジの木に出会います。疲れを忘れさせてくれる芳香が葉と枝にあります。古道の情報を届けておりますが、古道調査の資金の調達のためクロモジを加工し、自然の恵みクロモジ茶の販売(通販)をいたしております。