大町街道 善光寺街道

塩の道千国街道の大町から善光寺へと向かう道も、善光寺街道と呼ばれる。主に北国西脇街道の裏道として利用された。善光寺は、宗派、性別を問いことなく参拝ができる寺院であり、関所において「入り鉄砲に出女」とも言われる取り締まりを強化する中、女性は道中、関所を避けて道中を旅した。徳川家により、設置された街道ではなく、関所がないことが最大の理由と思われる。また、この道は、大町が、塩の道/千国街道の主宿場でもあり、信州への塩の道、千曲川への物流の道として自動車社会の道が整備されるまで主役の道筋であった。 当サイトでは、大町峰街道、土尻川街道 および 北国脇街道に合流して善光寺へと向かう 水内橋街道、鹿谷/篠ノ井信級通り、左右/篠ノ井信級通り、稲荷山通り、松本街道、八幡道 に分けて記載した。

大町峰街道 土尻川街道

大町~美麻

善光寺街道は、美麻湯ノ川にて大町峯街道と土尻川街道に分岐する。大町から湯川までは、乗越峠経由と向経由の道があった。

大町 乗越峠 大塩 新田

乗越峠
馬頭観音
馬頭観音道標 
左ハ善光寺道 右ハ村
石仏群
古道の道筋
石燈籠
石仏群
双体道祖神

矢田川の磨崖仏

馬頭観音
双代道祖神
石仏群
大塩 静の桜
御前静がこの地大塩と奥州を取り違え義経を追い、ここで果てたとの言い伝えがある。大町には御前静の従者の墓がある。
高札場跡
石仏群
富士浅間神社

大町 向 湯川

庚申塔道標 延亭元年
右善光寺道 左越後道
夕日庵/石仏群
馬頭観音群
道標 右しんまち(指)せんかうし とかくし
向口道標 右大しほ 左せんくハうし とが久し
富士浅間神社
石碑
双体道祖神

大町峯街道

湯ノ川 萩野 立屋

湯の海石仏群 峰街道と土尻川街道との分岐
道標 右善光寺道 左戸隠道
峰街道からの眺望
七通道標
 右 や 左 せん
推定 右 山道 左 善光寺

筆者は、やまみち=行くな と解釈している  割れており下部がない

馬頭観音群
戸隠神社信仰遺跡

川中島合戦の際、武田方に味方した、戸隠三院の人々は、上杉軍に追われかつて戸隠神社の荘園であった、小川村の筏ヶ峰(いかだがみね)に移った。武田家は滅亡しましたが、上杉景勝が関ケ原で敗北し、米沢へ移されまでの30年この地で過ごしました。 

万人塚
奥院
庚申塚
二十三夜塔
馬頭観音
双体道祖神
比丘尻石(びくにいし)
立屋番所跡石仏群
法華堂
石仏群
武菅鉾神社
麻苧久保遺跡
石仏
宝秘山 玉泉寺

玉泉寺では、1日2回、鐘が突かれています。11:30/15回と夕方/9回です。夕方の鐘は6月~18時 10月~17時です。従来は12時に突くのが普通なのですが30分早く鐘を突くことにより、正午には家に帰れる配慮だそうです。また、突く回数ですが、12時は12+3で15回、18時は6+3で9回、+3回は捨て鐘と言い、余裕を持たせる意味だそうです。歩かれる方は、11:30になりましたら、是非お聞きください。山里に響く鐘の音は、大町峰街道の一番のおすすめです。

玉泉寺山門
松代藩より寄贈された籠
六地蔵
御嶽神社
庚申塔
豊明神社
石仏
石仏群
赤柴道標 右新町左善光寺と刻む 劣化が激しい
馬頭観音
馬頭観音
石碑
石仏群

茂管 大安寺

石仏
 ぬさと神社
石碑
庚申塔
庚申塔
石仏群
二十三夜塔
馬頭観音
馬頭観音
石仏群
石仏
供養塔
土尻橋

美麻湯の海より、峰伝につけられた道は、この土尻橋にてはじめて土尻川を渡る。善光寺までは、あと裾花川を渡るのみで、千曲川、支流の犀川を渡ることなく、大町と善光寺を結ぶことができる街道であった。  

石碑
馬頭観音
石仏

土尻川街道

湯ノ川 千見 高府

地蔵様 供養塔
石仏群
双体道祖神
石仏群
お堂
石仏群
石仏群
石仏群 庚申塔
中村家住宅
地蔵様
神明社
石仏群
地蔵様
石仏群
善光寺式阿弥陀三尊仏
   廃道のお堂の中に安置
石仏群
三百地馬頭観音
三百地石仏群/双体道祖神
三百地筆塚
三百地供養塔
石仏群
石仏群
街道の面影神明宮前
石仏群
お堂
石仏群
石仏群
石仏
石仏群
西国三十三観音
石仏群
石仏群
日影口留番所跡 庚申塔
お堂
石仏群
石仏群
庚申塔
石仏群
石仏群
馬頭観音
 稲荷神社
小川神社 矢印は御柱
馬頭観音
石仏群
神社・祠・二十三夜塔
馬頭観音
庚申塔
庚申塔
馬頭観音
供養塔 筆塚
石仏群
供養塔
石仏群
市大神
石仏群
石仏群
武部八幡宮 延喜式神社
金剛寺
石仏群
庚申塔
馬頭観音
庚申塔 道祖神
庚申塔
馬頭観音
二十三夜塔
石仏群
馬頭観音
石仏群
夏和石仏群 六地蔵
石仏群
馬頭観音
筆塚
馬頭観音
石仏群
馬頭観音
菅原大神
石仏群
道祖神
石仏群
供養観音
馬頭観音
高市大神
石仏群 双体道祖神 祠
庚申塔
永谷寺門前石仏群
馬頭観音
石灯篭
馬頭観音
道祖神
石灯篭
石仏群
石仏群